接骨院・整骨院って?

接骨院・整骨院ってどんな所? いろんな疑問にお答えします。

『国に認可された医療資格者が治療を行う施設です』

厚生労働大臣が認定する国家資格を取得した柔道整復師が、身体の痛みや障害を抱える患 者さんを治療する施設です。「治療施設」ですので、当然、保健所に開設届けを提出し、認可を受けなければ開業することはでき ません。治療室内では、手技(ハンド テクニック)による整復をはじめ、マッサージ等の刺激、電気刺激、冷温熱刺激などの物理的刺激を与え、患者さんの身体機能の 回復を図る治療を行っています。

『民間療法(無資格)の施設とは異なります』

「整体」や「カイロプラティック」等は一般的には"民間療法"と呼ばれていて、そ うした行為を裏付ける国家資格自体を日本国家では認めていません。つまり、厚生労働大臣の認定する国家資格を持っていないた め、こうした施設ではケガへの治療行為を行うことはできず、慰安行為のみとなり、当然ながら健康保険を使用することはできま せん。「接骨・整骨」と「整体」では、あまりに名称が酷似していることから同じものと考えて いる人も多 いようですが、「接骨院・整骨院」には正式な国家資格を もつ柔道整復師がいて治療行為を行っています。よ く似た名称に惑わされないように気をつけましょう。

接骨院・整骨院、国から認められている西多摩地区の接骨院・整骨院です

『社団法人に所属している接骨院の見分け方』

接骨院・整骨院とはいっても、社団法人に所属して積極的に公益活動をして地域住民に貢献している柔道整復師がいるところと、 そうでない個人契約者の接骨院・整骨院とを単純にその名称だけで見分けることは、なかなか難しいことでした。そこで、社団法 人に所属する柔道整復師のいる接骨院・整骨院を外観からすぐに判断できるように社団のブランドを示すため「足のマー ク」を作 成しまし

接骨院と整骨院は違うの?

よく聞かれる質問ですが、接骨院と整骨院は全く同じものです。昔からの 文献にも 接骨、整骨の両文字の記載があり、同じ国家試験に合格した柔道整復師が治療をお こなっている施術所のことです。 各種医療保険の取り扱いができ、長年にわたり、各地で地域医療の一端の担い手と して貢献してきました。


柔道整復師ってどんなひと?

国から認められている西多摩地区の接骨院・整骨院です

柔道整復師は「ほねつぎ・骨接ぎ」と呼ばれ、その歴史は長く、 戦国時代まで遡る事が出来ます。 この時代に戦国の武将や兵士の骨折や脱臼の治療を専門とする人達が現れました。 江戸時代に入り戦場の医療であった技術を「ほねつぎ」と称し、 武道家や市民の治療に広く携わる様になったのが「ほねつぎ」が世に出た始まりと されています。 ちなみに鳥取地方では6月1日、15日を「ほねつぎ日とする風習があります。 今では、日常のケガやスポーツなどで起きた、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など を、手術することなく治療し、早期回復を図るのが我々、柔道整復師の仕事です。 この様に、長い年月で培われた技術(手技)は、WHOにも世界に類の無い日本国有の民族医療として認可されまし



どうして柔道の名がついているの?

国から認められている西多摩地区の接骨院・整骨院です

柔道整復師の別名を「ほねつぎ」とも呼ぶ事をご説明しましたが、 明治時代に講道館柔道の創始者・嘉納治五郎先生がそれまでの「柔術」を統合して 「柔道」とされてました。 現在、講道館は文京区にあり柔道の聖地とも言える場所です。その入り口には嘉納 先生の胸像があります。 嘉納先生は柔術の奥伝にある、活法(人を活かす技)を柔道に取り入れました。 その頃は、今で言う西洋医学の存在は薄く、稽古や試合などの際に発生した骨折、 脱臼、打撲、捻挫等の治療は「ほねつぎの技」を施していました。 その技を、習得された方々が柔道場を開設し、心技体を伝授すると共にその真髄を 住民のケガの治療にあたった歴史があります。戦前生まれの方の中には、ほねつぎ の事を親しみを込めて柔道と呼ばれる方がおられるのはこの為と思われます。 この様に、国民に広く親しまれて、ほねつぎと柔道整復は、法改正にあたりそのま ま「ほねつぎ・柔道整復師」と2つの名称を持つ事が許されたのです。

柔道整復師には2種類ある?

国から認められている西多摩地区の接骨院・整骨院です

「社団会員と個人契約者の違い」 接骨院や整骨院で施術をする柔道整復師には、大きく分けて「社団会員」と「個人契約者」という2つの種類があります。 この2つは、持っている資格自体はまったく同じものですが、資格を得て開業して何をするのかという目的意識のところで大きく 異なっています。 まず、『社団会員』の場合は、必ず『社団法人東京都柔道整復師会(東京都の場合)』に加入しています。この組織は、社団法人 という法人格を持つだけでなく、各都道府県から公益法人の認定を得た唯一の団体です。さらに、日本全体に及ぶ範囲で公益活動 を行う為、厚生労働省から認定を得た上部団体『社団法人日本柔道整復師会』があります。地域 社会への貢献 (公益活動)を踏まえた上で、地域住民の怪我を治し、体調を整えるという施術行為をしてい るのが社団会員です。 社団会員の行う公益活動には、多くの学術研修会・講習会への参加、介 護保険の機能訓練指導者講習会等 の開催等、さらなる自己研鑽・資質向上を目的とするも のから、各 スポーツ大会等に於ける救護ボランティア、地域住民にむけての市民公開講座開催、健康柔(やわら)体操等の指導及 び普及活動、柔道等のスポーツを通じての青少年の健全育成、地域行政との間では休日診療や防災協定を締結し災害時に備える 等、地域社会へ貢献する努力を日夜行っています。 また保険請求に関しても、東京都全域また各支部単位に於いて定期的に「保険講習会」を開催し、制度変更時の詳細説明、事務手 続き上の注意事項の確認、法令遵守を徹底しています。 会員より提出された請求書自体についても当会独自に全請求書類の審査を行った上で、さらには各療養費の公的審査会等に於いて、保険請求の適正化の為、指導 と管理を主導的に行っており、関係各所より高い評価を頂いております。